話題の成分「フラバンジェノール」とは?

話題の成分「フラバンジェノール」とは?

 

フラバンジェノールはフランスカイガンショウ樹皮から抽出したエキスです。

 

フランスカイガンショウを漢字になおすと仏蘭西海岸松となりマツ科マツ属常緑針葉樹です。
原産地は地中海西部沿岸でありフランス・イタリア・モロッコの地中海沿岸にまでわたっています。

 

 

標高600m以下の低山帯に自生していますがモロッコでは標高2000mの高山帯でも自生していると言われています。
成長すると20〜35m位の高さになります。

 

樹皮は朱色がかり深い亀裂が入り裂け目が生じます。
葉は針状で長さは12〜22cm、径は2mmとなり垂れた状態にあります。

 

松かさと呼ばれている松ぼっくりの長さは10〜20p、径は4〜6pと大きめですが、徐々に鱗片を開いて種を飛ばします。種の長さは8〜10mmほどですが20〜25mmの翼がついていて風によって散らばっていきます。
フランスカイガンショウについて説明しましたが、フランスに自生する松の木になります。

 

フラバンジェノールは仏蘭西海岸松の樹皮から抽出した自然エキスになりオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)を含んでいます。
OPCが含まれているフラバンジェノールはハリとつやをお肌に与えることができるのです。

 

その「フラバンジェノール」をふんだんに使用したオールインワン化粧品特選3品をご紹介しています。

 

↓↓詳細はこちらから

 

フラバンジェノール化粧品オールインワン3選で見違えるお肌を目指しましょう♪